現在のトルコリラマーケット

BID(売値) --.---
ASK(買値) --.---
政策金利 --%

直近の発表予定 トルコ経済指標

  • 2019/08/16(金) 16:00 6月鉱工業生産(前月比)
  • 2019/08/15(木) 16:00 5月失業率
もっと見る

マーケット情報の記事一覧

トルコリラ、新興市場のトレンドに逆行、4か月ぶりの高値

投資家たちがトルコリラを売却8月12日の報道によると、トルコリラの高値によりほかの新興市場の通貨が下落した。経済状況への懸念、米国との紛争などから、投資家たちが資産を売却したことが要因とみられている。

ほかの市場へ大きく影響トルコリラは午後2時5分の時…

記事を見る

6月鉱工業生産指数3.9%減少

製造業にかげり 輸出も減少傾向トルコ統計局によると、6月の鉱工業生産指数は前年同月比3.9%減少、前月比でも3.7%減少した。項目別に見ると、採掘・採石は前月から回復したものの、製造業の後退は加速しているようだ。
6月の対外貿易指数も前年同月比で4.8%減少し…

記事を見る

トルコリラ、長期的な見方で再び通貨危機の可能性も

リスクを抱えた経済繁栄ロイターは8月6日、トルコの政治状況と通貨が上昇している事実について、アナリストの意見を掲載。リスクを抱えたままの上昇は、将来的に通貨危機の再発が懸念されるという。

新興市場の中でリードするトルコトルコリラは昨年、対ドルで通貨…

記事を見る

国内生産者物価指数(D-PPI)前月比0.99%減少

D-PPIは減少 CPIはわずかに上向きトルコ統計局は5日、7月の国内生産者物価指数(D-PPI)は前年同月比21.66%、消費者物価指数(CPI)は前年同月比16.65%であったと発表した。

耐久消費財は増加も中間財や非耐久消費財は減少傾向7月の国内生産者物価指数(D-PPI)…

記事を見る

トルコ、7月の消費者物価指数を公表・4か月ぶりの上昇に

トルコ統計局発表、7月は16.9%トルコ統計局は8月5日、7月の消費者物価指数を発表。中央銀行の利下げにより、インフレの原則は一時停止、16.9%に上昇した。専門家らは一時的なものだと見ている。

金利引き下げの影響でインフラが上昇月曜日に統計局が発表したデー…

記事を見る

トルコ初 イスラム経済金融研究所(MÜİSEF)創設

トルコ初 学術機関としてのイスラム経済・金融研究所トルコ・イスタンブールにあるマルマラ大学にて7月30日、イスラム経済財政研究所(MÜİSEF)の第1回諮問委員会が開催された。

MÜİSEFは、2019年4月17日付けの大統領令(第967号)により設立された。イスタンブー…

記事を見る

6月対外貿易赤字42.5%減少

輸出入ともに減少トルコ統計局によると、6月の輸出額は110.8億ドル、および輸入額は142.6億ドルと、年間でそれぞれ14.3%と22.7%減少した。

また、貿易赤字は約30.2億ドルと前年同月比で42.5%減少した。さらに、輸出入カバレッジ率は77.7%と前年同期の70.1%から減…

記事を見る

トルコリラスワップ月単位満期のオークション方式を採用

スワップ満期を週単位から月単位へ延長トルコ中央銀行は5日、従来のオークション(複数価格)方式による1か月、3か月、および6か月満期のリラスワップ取り引きを行うと発表した。トルコリラおよびトルコ市場における外国為替証拠金取引(FX)の流動性を高めることを目…

記事を見る

年末インフレ予測13.9% トルコ中銀

インフレ予測0.7ポイント下方修正トルコ中銀は7月31日、2019年第3四半期のインフレ報告書にて、2019年末のインフレ予測は13.9%であると発表した。

4月時点では14.6%としていた予測から0.7ポイント下方修正した。また、予測が現実化するためには、トルコリラの通貨…

記事を見る

トルコ観光収入13.2%増加

観光業復活!トルコ統計局によると、今年4月から6月の観光収入は約7.9億ドルと前年同期と比べて13.2%増加した。また、外国からトルコへの来訪者数も1,200万人を超え、前年同期比で15.3%増加した。

一方、同期の観光支出は10.8億ドルと前年同期比で34.4%減少した…

記事を見る