現在のトルコリラマーケット

BID(売値) --.---
ASK(買値) --.---
政策金利 --%

直近の発表予定 トルコ経済指標

  • 2019/10/14(月) 16:00 8月鉱工業生産(前月比)
  • 2019/10/15(火) 16:00 7月失業率
もっと見る

マーケット情報の記事一覧

研究開発支援費増加 軍事関連も拡大傾向

政府は研究開発活動への支援を拡大トルコ統計局によると、研究開発活動へ対する中央政府からの2018年の支援費は約130億トルコリラ(約24.9億ドル)であり、この金額はGDPの0.23%であり、2018年度政府予算支出の1.4%を占めた。

また、研究開発税の免除による間接的…

記事を見る

金融政策変更の余地あり トルコ中銀新総裁ウイサル氏

銀行の独立性と透明性をアピール新しくトルコ中央銀行の総裁に就任したムラート・ウイサル氏は15日、アナドル通信社からのインタビューに応じ、中央銀行の独立性と、金融政策の意思決定プロセスの透明・健全化について強く主張した。また、今後の金融政策について、慎…

記事を見る

6月住宅販売数半減

新規着工は23,000戸トルコ統計局は17日、6月の住宅販売統計を発表した。6月に販売された住宅は61,355戸と前年同月比で48.6%減少した。住宅販売数は今年3月から減少傾向にあり、経済成長の鈍化が懸念される。
6月に販売された住宅のうち、新規着工は23,265戸と前年同…

記事を見る

トルコの一般会計報告、上半期の赤字は786億トルコリラ

財政赤字を計上トルコ財務省は7月16日、中央政府の一般会計報告を発表した。今年上半期の財政赤字は786億トルコリラ(約140億米ドル)、前年同期比で14%の増加となった。

支出20.5%増で赤字が増加財務省が16日に発表したところによると、今年2019年上半期の収入は…

記事を見る

5月対外貿易指数 交易条件101.3

輸出量増加も利益に結びつかずトルコ統計局は10日、5月の貿易指数を発表した。交易条件は101.3で2018年5月の102.9から1.6ポイント減少した。

交易条件は、輸出単価指数を輸入単価指数で除算し、その結果に100を掛けたもの。

公開されたデータによると、輸出単価…

記事を見る

5月経常収支1.5億ドル黒字

観光業が回復 直接投資は減少傾向にトルコ中央銀行は11日、5月の経常収支は1.5億ドルの黒字であり、累積赤字は23.7億ドルに減少したと発表した。

アルバイラク財務大臣が先週金曜日に行った講演で経常収支黒字化を宣言していこともあり、マーケットコンセンサスで…

記事を見る

6月の実効為替レート72.10

リラ復活なるか?トルコ中央銀行によると、6月の実質実効為替レートは72.10(CPIベース)で、前月の69.80からわずかに上向いた。

G20会期中に行われた米国トランプ大統領との直接会談で、両国間の関係修復への可能性が見いだされたことを好感してか、足元の為替レー…

記事を見る

インフレ収れんが見えてきた

物価上昇率はゆるやかになってきたトルコ統計局は3日、6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比15.72%、国内生産者物価指数(D-PPI)も前年同月比23.71%であったと発表した。

CPIは前月比0.03%の増加、またD-PPIも前月比0.09%の伸びにとどまった。長く続いた物…

記事を見る

国債による6月実質利益率は8%超え

対ドルで円安進むもリラ円は19円を超えられず9日の外国為替市場、USドルは前日に引き続きドル買いが優勢。じわじわと円安方向へ進んでおり1ドル108.9円を抜ける勢いだ。

原油価格もじわりと値を上げ、1バレルあたり58.53ドルとなった。

トルコリラは東京市場の取…

記事を見る

Q3対外貿易予測 輸出は鈍化・輸入は増加

輸出は好調 高インフレで輸入が再び増加傾向トルコ商業省は8日、2019年第3四半期の対外貿易予測を発表した。輸出予測は123.3と前月比で2.6ポイント減少、輸入予測は98.1と前月比で0.5ポイント増加であるとした。

前年同期比でみると、輸出予測は前年同期の118.0か…

記事を見る