現在のトルコリラマーケット

BID(売値) --.---
ASK(買値) --.---
政策金利 --%

直近の発表予定 トルコ経済指標

  • 2019/08/16(金) 16:00 6月鉱工業生産(前月比)
  • 2019/08/15(木) 16:00 5月失業率
もっと見る
 マーケット情報

トルコ、7月の消費者物価指数を公表・4か月ぶりの上昇に

トルコ統計局発表、7月は16.9%

トルコ統計局は8月5日、7月の消費者物価指数を発表。中央銀行の利下げにより、インフレの原則は一時停止、16.9%に上昇した。専門家らは一時的なものだと見ている。

金利引き下げの影響でインフラが上昇

月曜日に統計局が発表したデータによると、インフレ率は6月の15.7%から7月には16.9%に上昇し、4か月ぶりの上昇を見せた。

トルコ中央銀行の新総裁は、3年ぶりに金利の引き下げを行い、景気回復を図っている。この政策ではインフレの勢いが再び強まると予測しており、年末に13.9%になると打ち出している。

上昇は「一時的なもの」

新総裁は投資家たちに、「実質収益率の維持」を行うと述べたが、金融政策委員会はベンチマーク借入金利を425ベーシスポイント削減、過去17年で最大となる19.75%になった。

トルコは他の新興市場の平均を上回っており、7月の予想に沿ってインフレ率が上昇した場合、調整後の金利は100ベーシスポイント低下するという。

インフレ率の上昇は、自動車税の減税や食料・衣料品価格の低下などの影響で一時的なものであり、8月にから減少に転じ、一桁に達するまで下降を続けると予測するエコノミストたちも少なくない。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

Bloomberg
https://www.bloomberg.com/

編集部
ライター:編集部
トルコリラスワップ投資の魅力やFX各社のスワップポイント比較、トルコ経済やトルコ在住者の現地レポートまで、トルコリラでFXを始めるために必要な情報を配信しています。