現在のトルコリラマーケット

BID(売値) --.---
ASK(買値) --.---
政策金利 --%

直近の発表予定 トルコ経済指標

  • 2019/10/14(月) 16:00 8月鉱工業生産(前月比)
  • 2019/10/15(火) 16:00 7月失業率
もっと見る
 政治

内閣改造?若き指導者に期待高

若き指導者に道を譲るかも?

エルドアン大統領は25日、AKPの党大会で演説し、ロシア製ミサイル防衛システム「S400」は7月に納入されると語った。また、先日のイスタンブール市長選に就任したイマモール氏を支持する考えを示した。

先日の行われたイスタンブール市長のやり直し選挙に関し、二度の敗戦はエルドアン大統領を弱気にさせたようだ。英国ロイター通信は、この若き指導者に「Star Power」と見出しを打ち、新勢力の台頭を歓迎している。

トルコ国営アナドル通信社によると、選挙結果が判明した後、エルドアン大統領はイマモール氏の当選に関し祝辞を述べた。また、内閣改造の可能性について、「必要ならやるだろう
。」と述べたという。

「S400導入」には強硬姿勢

エルドアン大統領は演説の中で、「S400」の購入はトルコの国家主権に直接関わる問題であるとし、

「我々はこれから一歩後退しない」(引用は演説より)

と、「S400」を導入する方針に変更がないことを改めて述べた。

しかし、NATOの米国大使Kay Bailey Hutchison氏は25日の記者会見で、

「F35計画が不安定になるような影響は受け入れられない。」(引用はNATO記者会見より)

と述べ、「S400」がトルコに納入されれば、F35計画からトルコを排除することを改めて強調しており、両国の対立はさらに溝を深めている。

株高はご祝儀か?本物か?

25日の外国為替市場、ドル円は東京市場の取り引き開始時刻から円高が進み、一時1ドル106.78円に達した。午後になって円買いが入り1ドル107円前半まで値を戻した。

原油価格は1バレルあたり58.87ドルと前日の価格からは上昇した。

トルコリラは、対ドルでわずかにリラ高へ動いて1ドル58.00リラで取り引きされている。イスタンブール市長選の影響かトルコの株価指数BIST100は上向き基調だ。一方、対円では前日のご祝儀相場から一転、1リラ18.5円前後で軟調な展開が続いた。

(画像はエルドアン大統領Twitterより)

▼外部リンク

エルドアン大統領Twitter
https://twitter.com/RTErdogan/status/

NATO Kay Bailey Hutchison氏 記者会見
https://nato.usmission.gov/

編集部
ライター:編集部
トルコリラスワップ投資の魅力やFX各社のスワップポイント比較、トルコ経済やトルコ在住者の現地レポートまで、トルコリラでFXを始めるために必要な情報を配信しています。