現在のトルコリラマーケット

BID(売値) --.---
ASK(買値) --.---
政策金利 --%

直近の発表予定 トルコ経済指標

  • 2019/10/14(月) 16:00 8月鉱工業生産(前月比)
  • 2019/10/15(火) 16:00 7月失業率
もっと見る
 政治

米国は「F-35」をトルコへ売却しない

非常に厳しい状況

米国トランプ大統領は16日、ホワイトハウスで開かれた内閣会議で、記者団の質問に対し、トルコへ最新鋭ステルス戦闘機「F-35」を売却しないことを明言した。

トルコがロシア製のミサイルを入手してしまった以上、防衛上の理由から「F-35」を売却することはできないとの考えだ。

しかし、トランプ大統領は、

「彼らは非常に厳しい状況に置かれている。そして、私たちが置かれているのは非常に厳しい状況だ。」(引用はプレスリリースより)

と語り、エルドアン大統領との関係は良好であるものの、トルコは擁護しないとの姿勢を示した。

不公平だ!

トランプ大統領は、米国前政権が米国製ミサイルシステム「パトリオット」の販売を拒否したことが原因でロシア製の「S-400」を購入しなければならなくなったとの見解を示しており、この状況を「不公平」だと表現している。

また、トルコが発注済みの100機を超える「F-35」から利益を得られなかったとして、ロッキード社に同情する場面もあった。

中東問題から手を引きたいトランプ大統領

同じ会議の中で、米国がイランからの石油輸入を禁止している経済制裁について、その効果が出始めているとの報告もあった。

また、シリア情勢について、米国は既に役目を十分に果たしたとして、

「シリアは自分たちで問題を解決できるはずだ。」(引用はプレスリリースより)

と発言しており、7,000マイルも離れた米国ではなく、近隣のイラン、ロシア、イラク、トルコが支援すれば良いとの見解を示した。

中東緊張緩和の可能性 原油価格は下落

16日の外国為替市場、USドルはドル買いが優勢。1ドル108.24円で推移している。

ホワイトハウスでのトランプ大統領発言により、イラン情勢が進展し、中東での緊張状態が緩和する可能性が出てきたことを受け、原油価格は下落した。1バレルあたり57.6ドル付近で取り引きされている。

トルコリラは対ドルでは1ドル5.71をキープ。対円でわずかに値上がりし、1リラ18.9円台で推移している。

(画像はイメージです)

▼外部リンク

米国トランプ大統領 ホワイトハウス記者会見
https://www.whitehouse.gov/

編集部
ライター:編集部
トルコリラスワップ投資の魅力やFX各社のスワップポイント比較、トルコ経済やトルコ在住者の現地レポートまで、トルコリラでFXを始めるために必要な情報を配信しています。