現在のトルコリラマーケット

BID(売値) --.---
ASK(買値) --.---
政策金利 --%

直近の発表予定 トルコ経済指標

  • 2019/08/16(金) 16:00 6月鉱工業生産(前月比)
  • 2019/08/15(木) 16:00 5月失業率
もっと見る
 政治

米国がF-35の売却を拒むなら、トルコは別の道を選ぶ

F-35にこだわらない

エルドアン大統領は26日、自身の所属する与党・公正発展党(AKP)の各州代表会議で講演し、

「なぜ、米国はF-35を(トルコへ)売却しないのか?それなら仕方がない、我々は対策として別の選択肢を取る。」(引用はプレスリリースより)

と述べた。

「別の選択肢」について正式な発表はまだないが、NATOの「F-35」計画からの排除を通告された直後、ロシア側からSu-35戦闘機の購入について打診があったとの報道もあり、米国およびNATO諸国との確執はさらに深まる気配を見せている。

ロシア製ミサイル防衛システム「S-400」の購入を巡っては、米国のトランプ大統領は、オバマ政権時代に米国議会が米国製ミサイル「パトリオット」のトルコへの売却を拒否したことに端を発しており、非常に厳しい状況としながらも制裁実施については明言を避けている。

円安の追い風が吹きトルコリラ円上昇中!

26日の外国為替市場、前日のニューヨーク取り引き市場の開始時刻以降、USドル買い優勢となり、一気に1ドル108.7円付近まで円安が進んだ。

原油価格は少し上昇し、1バレルあたり56ドル前半で取り引きされている。

トルコリラは円安の恩恵を受け、1リラ19.34円まで上昇した。上ひげが長いのが気になるところだが、3日間連続で前日の安値を切り上げている。1リラ19.12円で今週を終えた。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

公正発展党(AKP)プレスリリース
http://www.akparti.org.tr/en/news/

編集部
ライター:編集部
トルコリラスワップ投資の魅力やFX各社のスワップポイント比較、トルコ経済やトルコ在住者の現地レポートまで、トルコリラでFXを始めるために必要な情報を配信しています。