現在のトルコリラマーケット

BID(売値) --.---
ASK(買値) --.---
政策金利 --%

直近の発表予定 トルコ経済指標

  • 2019/12/13(金) 16:00 10月鉱工業生産(前月比)
  • 2019/12/11(水) 16:00 10月経常収支
もっと見る
 トルコ現地レポート

トルコは危険な国なの?在住者がその実態を伝えます

トルコに興味があって旅行に行きたいけれど、治安はどうなんだろう?テロが頻繁に起こるような国だったら怖いなあ、などと不安に思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

でもご安心ください、外務省からのトルコ渡航禁止勧告はなく、通常の観光旅行をするのなら問題なく楽しんでいただけるはずです。

トルコは危ない国という概念

日本では、中東にあるイスラムの国、というだけで、なんとなく危ない国という先入観が持たれてしまっていると言っても過言ではないと思います。

シリアやアフガニスタンでのテロや戦争の様子が報道されると危険なところというイメージが定着するのは無理もないことだと思います。しかもトルコはシリアと国境を接しているので一層不安が募ってしまうことでしょう。

現時点では、シリア国境は退避勧告、その周辺地域も渡航中止勧告が発令されていますがこれはやむを得ない当然のこと。近年大きな問題がなくともやはりその地域への訪問は避けなければなりません。

3〜4年前なら渡航はお勧めしなかったはず

当時はイスタンブールやアンカラで死者を出す自爆テロ、デモ隊と警察の衝突、クーデター未遂などいろいろなことが重なり、混乱状態が続いていました。国民は不安な毎日を過ごさざるを得ない日々でした。

空港内で手に手荷物を待つ

その頃なら、きっとトルコ旅行は絶対にお勧めしなかったと思います。外務省も一時トルコへの渡航を控えるように通達。その結果、唯一の直行便トルコ航空も関西空港便を廃止し、成田便も減便してしまったのです。

この2〜3年は平穏な日々

混沌とした数年が過ぎ、最近では再び全国的に平穏な日々が続き観光地にはヨーロッパからの観光客を中心に賑わいが戻り始めました。

トルコ最大の都市イスタンブールは今も危険レベル1の「十分注意してください」と指定されていますが、市長再選挙も終わり大きなデモや集会もなくなって静かさを取り戻しています。

テロ行為や無差別犯罪は、いつどこでどのような形で発生するかはわかりません。世界中どこにいても可能性がありえます。従ってトルコ旅行が100%安心であるとは言えませんが、シリア国境付近の一部を除くほとんどの部分は平和で安全な生活が送られています。

どこでもセキュリティチェック

トルコの街ではいろいろなところでセキュリティチェックが行われます。例えばショッピングモールの入り口、ホテルの玄関、一部の観光施設入り口、役所や公的施設などで所持品検査があり、X線の機械が設置されています。

セキュリティチェック

これは最近始まったわけではなく、もう何十年も前からの習慣です。防犯カメラも設置されている割合が非常に高く、ある意味とても安全が確保されています。

物価が安く見所いっぱいのトルコ旅行

去年の夏にトルコリラが暴落して以来物価が上昇しているとは言え、日本円に換算すると全体的な物価は非常に安く感じられるはずです。特に自由時間が多いツアーや個人旅行なら食事や交通費などの安さは旅行者の財布にとっても優しいでしょう。

そしてトルコは遺跡だけでなくユネスコ世界遺産に指定される自然の美しさも多く、異文化を感じさせる歴史的建物や文化は他国にないユニークなものもたくさん、とにかく見所がいっぱいです。

お店

最後に

トルコは危険な国かどうかと聞かれれば、在住者の目から見た現時点の答えは「No」です。テロの危険性はゼロではないかもしれませんしテロや災害が起こらないとは断言できません。しかしおそらくこれはきっとどこの国にいても同じではないでしょうか? トルコの人々は特に危険を意識せず普通に生活しています。

ただし旅行者としてトルコに訪れた時の最低限の安全意識は常に持ち続けていただくのは必須です。これは日本人の方に推奨される一般的な安全手引きとして海外旅行先でのスリや置き引き、夜間の行動などには充分気をつけなくてはいけません。

トルコの建物

朗報はトルコ航空が来年2020年4月から関西空港への就航を再開すると発表。まずは週4便運行、6月には週5便に増便予定です。また既存の成田空港便も2020年4月から週10便に増便、6月以降はさらに週11便に増便が決定。

もしトルコ旅行に興味をお持ちでありながら治安が気になる方は、この記事を参考にしながらご自身で判断していただければと思います。

Satomi
ライター:Satomi
トルコ在住18年の主婦。日本では伝えきれないトルコ現地からの記事をお伝えします。