現在のトルコリラマーケット

BID(売値) --.---
ASK(買値) --.---
政策金利 --%

直近の発表予定 トルコ経済指標

  • 2019/10/14(月) 16:00 8月鉱工業生産(前月比)
  • 2019/10/15(火) 16:00 7月失業率
もっと見る
 トルコ現地レポート

トルコの物価

ヨーロッパとアジアを結ぶ国トルコ。日本ではまだ馴染みの少ないこの国の人々の生活水準はいったいどのようなものなのでしょうか?

インフレ事情

まずは現在のトルコの経済状況から説明させていただくと、残念ながら継続的なインフレが各家庭の家計を圧迫し続けている状態です。

もともとインフレ率が高い国なのですが、去年夏のトルコリラ急落により一気にインフレに拍車がかかりました。対アメリカドルは去年1月に3.17リラだったものが8月には7リラに暴落、それを機に物価がどんどんと上昇、年末にはなんとか5.27リラに戻ったものの便乗値上げも相打って今もなお物価は上昇し続けています。

このような経済状況の中トルコ国内では物価が毎月約20%ずつ上昇しているとは言え、日本円に換算してみると全般にトルコはとても物価の安い国となるでしょう。それではここで実際の金額をいくつか列挙していきましょう。(1リラ=19.55円/2019年4月11日現在)

ただし特筆しておくべきことは、トルコの貧富の差は非常に大きく生活水準は相当異なります。地域によっても更には都市内でさえも区域によって大きな違いがあるため、ここではトルコ最大の都市イスタンブールのごく一般的な数字を中心に紹介させていただくという事になります。

トルコの賃金

国が定める2019年のトルコ月間最低賃金は、2,558リラ /ネット2,020.59リラ(50,004.32円/ネット39,493,31円)。ただし月間ネット10,000リラ(195,500円)以上の所得者も少なくありません。トルコ人

トルコの家賃

生活費の大部分を占める家賃については、イスタンブールの100平方メートルあたりの家賃の平均は1,600リラ(31,280円)ですが地区により100平方メートルあたりの平均が2500リラ(48,875円)以上というところもたくさんあります。

トルコの物価

食料品については物価上昇が続いて国民にとっては高値と感じるようになってきてはいるものの、日本をはじめ他のどの国と比べても比較的安価です。

料金は平均的目安としてご覧ください(値段は全て1kg)

•トマト 7リラ(136.85円)
•じゃがいも 7リラ(136.85円)
•きゅうり. 5リラ(97.75円)
•玉ねぎ(現在高騰中) 11リラ(215.55円)
•りんご 5リラ(97.5円)
•オレンジ 3.5リラ(68.425円)

肉類は近年の物価上昇でトルコの食卓から遠のき始めています(値段は全て1kg)。

•牛挽肉 40リラ(782円)
•牛サーロイン 110リラ(2,150.5円)
•チキン胸肉 18リラ(351.9円)
•羊リブ肉(ラムチョップ) 90リラ(1759.5円)

トルコ人の食卓に欠かせない乳製品は以下の通りです。

•ミルク 6リラ(117.3円)/1リットル
•ヨーグルト 6リラ(117.3円)1kg
•プロセスチーズ 40リラ(782円)
•白チーズ 30リラ(586.5円)

トルコ人の食卓の強い味方、穀物類(値段は全て1kg)

•小麦粉 6リラ(117.3円)
•米 11リラ(215.55円)
•スパゲティ 7.5リラ(146.625円)

トルコ料理は昔から小麦粉料理が有名ですが、このところの物価上昇により自宅で小麦粉生地をこねて作る料理で台所事情を乗り切る家庭が増えています。ここでは1kgの値段ですが通常5kg、10kgと割安価格で購入される方がほとんどです。
トルコの主婦

トルコの公共交通機関

公共交通機関は市内交通、長距離バス、飛行機など全てにおいて日本と比べて随分と安いです。

•イスタンブール市内バス均一 2.60リラ(50.83円)
•長距離バス(イスタンブールーアンカラ) 450km 約 7 時間 50〜75リラ(977.5〜1,466.25円)
•飛行機(イスタンブールーアンタルヤ) 約1時間 80〜250リラ(1,564円〜4,887.5円)

自動車

自動車に関しては生活に必要な製品であるとは言え、トルコでは非常に高値となります。国産車がないことや贅沢品とみなされるために消費税18%以外にも特別税として車種により35%から60%まで加算されるからです。つまり購入金額は元の値段の2〜3倍の値段になるということなのです。

VW(フォルクスワーゲン社)の料金に税金の内訳を記載しておきますのでご覧いただくといかに高額になっているかがおわかりいただけるでしょう。

•トヨタ カローラ 1.6 Vision 104,700リラ(2,046,885円)

•VW ゴルフcomfort line 1.5L 166,600リラ (3,257,030円)
内訳
103,684リラ(元値)+36,289リラ(特別税)+25,195リラ(消費税)+諸経費

•VW Touareg 3.0L 1,123,900リラ (21,972,245円)
内訳
365,000(リラ元値)+583,000リラ(特別税)+170,000リラ(消費税)+諸経費

終わりに一言

今回はほんの一部の料金を紹介させていただいただけですが、トルコの物価についてほんの少しでもご理解いただけましたでしょうか?

国内で生産されたものや人件費などの料金は日本より随分と安価となりますが、車を始め電気製品やその他の輸入品などは日本よりも高価になる場合も多いのです。

長引く物価上昇がいつどのように落ち着くのか、身近な問題として食品の金額が最も気になるところですが、この国の抱える深い問題はこれからも注目され続けそうです。

国の財政難、対アメリカドルをはじめとする外貨レート、インフレ率など毎日エコノミスト達がトルコの今後の経済について熱く討論していますが、残念ながら今のところ全てが即解決ということはなさそうです。今後トルコ経済の動向から目が離せません。

Satomi
ライター:Satomi
トルコ在住18年の主婦。日本では伝えきれないトルコ現地からの記事をお伝えします。